食:マクロビオティックのカフェや教室
食:マクロビオティックのカフェや教室
生まれてからこれまで、食べたり飲んだり、口にしてきたものが、「あなた」をつくっています。食べることは、生きること、そのものです。では、何を食べたらいいのでしょう?わたしは、そのヒントを「マクロビオティック」に求めました。
◆マクロビオティックとは
マクロビオティックは、かんたんにいうと穀物中心の日本の昔ながらの食事。健康を育むための「食」のあり方が見直されているいま、その食事法は世界の多くの人々に支持され、実践されています。「一物全体」といって、穀物を精白したり、野菜の皮をむいたりしないでできるだけ丸ごと食べることがからだによいという考えと、地元で採れた安全な作物を季節にあわせて食べるという「身土不二」という考えが、基本にあります。お米や小麦も精白されていない玄米や雑穀、全粒粉を使い、植物性の大豆や野菜や海草類を中心とした食事法で、動物性の食べ物や乳製品、白砂糖、化学調味料は使いません。そんな簡素な食事法を実践することで心と体の健康を維持しようという考え方です。マクロビオティックを続けると、からだもこころも自然のリズムを取り戻していきます。それは、とっても気持ちのいいこと。マクロビオティックは、ひとつの「食事法」であり、「暮らし方」でもあるのです。
◆マクロ料理教室
マクロビオティックのお料理を、みんなで作って、わいわい食べる。そんななかで、食や暮らしを見つめ直すきっかけにしていただければ、と考えています。
◆マクロカフェ
国産大豆100%の原料からできた豆乳ソフトクリームをはじめ、ノンカフェインのドリンクや乳製品不使用のスイーツを召し上がっていただきます(水飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどの自然の甘みで代用)。
◆自然回帰水
ふくろうの杜のお料理やカフェでは、すべて「自然回帰水」を使います。これは太古の世界に満ちあふれていた水を自然のメカニズムとバイオサイエンスを応用した技術で現代に蘇らせた水のこと。簡単に言うと大地の濾過のサイクルを再現して「岩清水」をつくろうというもの。まず、おいしい! そして飲んで体を中から変えていく力があるだけでなく、食材などを漬けておくと冷蔵庫に入れても長持ちしたり、植木や観葉植物にやったら急に元気になったりと、とにかくエネルギーの高い水なんです。せひお試しを!いちど飲むと、ふつうの水に戻れなくなりますよ。
目次
国産の大豆からもらった自然のやさしい甘み
国産大豆100%の豆乳ソフトクリーム。
からだがよろこぶ:食べ物いろいろ販売しています
マクロビオティックの料理には欠かせない基本の食材を揃えています。
Copyright (c) fukurounomori All rights reserved.
Page Top